鼻中隔延長術

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)
施術時間 3~4時間程度
施術当日ご来院までの注意 ・疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
・静脈麻酔使用時は注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。
・前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。
抜糸 1週間(オープン法)
シャワー 当日より可
洗顔 ギブス抜去翌日より可
メイク 固定部以外は翌日より可
固定部は抜去後翌日より可
ダウンタイム ・1週間が腫れのピークです。
1週間のギブス固定期間があります。
1カ月で腫れは9割ほど消失します。
3カ月で腫れが引き完成です。
・内出血が出た場合、2週間程度で落ち着いてきます。
仕上がり 3カ月で浮腫みが収まり、完成となります。
リスク・副作用・合併症 ・感染
・熱感、浮腫み
・鼻筋、鼻先の違和感、異物感
・蕁麻疹、かゆみ、痛み
・鼻筋、鼻先が曲がっていると感じる
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・鼻閉感
・理想の高さ・形と異なると感じる
・傷跡が気になる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺
・アップノーズ、ピンチノーズ、pollybeak変形
・鼻先が左右に偏移することがある
アクセス
メニュー