腹部・ウエスト・腰の脂肪吸引

座った時にお腹がポッコリと出ているのが気になってしまう。クビれのあるウエストが欲しい!

このようなお悩みをお持ちになっている女性は少なくありません。

一般的に男性は内蔵脂肪型の肥満になりやすく、女性の場合、内臓脂肪よりも皮下脂肪が付きやすいとされています。
特に下腹部や、腰部にはLFDも豊富に存在している事が多く、脂肪吸引の効果が出やすい部位と言えます。

一度吸引した部位はリバウンドしにくいことが、脂肪吸引の最大のメリットです。

麻酔方法・手術方法ともに安全には最大限の配慮をしており、日帰りで行う事が可能なため、お腹の部分痩せをお考えの女性には脂肪吸引は魅力的な選択肢と言えます。

上腹部ヘソの上から乳房下溝まで、みぞおち辺りのポッコリとした印象を減らすことができます。

特に乳房下溝あたりから肋骨部までの脂肪を吸引する事によりアンダーバストもすっきりします。
一方で、吸引後に皮下での瘢痕形成が他部位よりも強く出る可能性があるため、脂肪を少々残す必要性のある部位です。

下腹部腹部で最も脂肪がついている部位です。LFDも豊富に付いているため、腹部の中でも変化が特に大きい部位です。

下っ腹のポッコリ感が解消されるとタイトなズボンを履いても閉まりづらいという悩みから解放されるかもしれません。

経験の浅い医師だと、吸引ムラやヘソ周りの取り残しなどが起こりやすい場所でありますが、しっかりと吸引すれば、大きな満足度を得られる場所です。

ウエストこの部位はLFDがそれ程豊富な部位ではありませんが、クビレを作るためには非常に重要なポイントになります。ここで言う"ウエスト"とは正面から吸引していく範囲になりますが、肋骨から腰骨にかけての範囲をしっかりと吸引する事、また、後述する背中側から吸引する腰部との連続性を築くことで、クビレがしっかりと現れやすくなります。

腰部後から見た時の腰の部分、特に下着の上に載ってくるように見える部分です。
『LFD』も多い場所のため、変化も大きく現れやすい部位ですが、背中や腰の部分の皮膚は大変に厚みがあるため、ギリギリまでの吸引を行うべき部位でもあります。
また、ウエストと合わせてしっかりと吸引する事で、クビレも出てきます。

腹部・ウエスト・腰の脂肪吸引

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)
施術時間 2~3時間
施術当日ご来院までの注意 ・疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
・静脈麻酔の注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。
・前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。
・術後に着やすいようなゆったりとした洋服でお越し下さい。
通院 手術翌日(1日目)
脂肪吸引した部位の圧迫止血後のチェックとガーゼ交換をします。
術後7日目
抜糸をします。スケジュールが合わない場合、状態によって1日程度前後することは可能です。
シャワー シャワーは術後1日目のチェック以降は、傷口を防水テープで保護して可能です。入浴は抜糸の翌日までお控えください。
飲酒・運動 飲酒は1週間程お控えください。ただし、飲酒後はむくみが増強しますのでしばらくはできる限り控えて頂くことが望ましいでしょう。
運動は圧迫着の着用が終了する1ヶ月後より可能です。
ダウンタイム ・吸引部の腫れは1か月程度で落ち着いてきます。 ・内出血は2~3週間程度で落ち着いてきます。 ・傷あとはしばらく赤みがあり硬くなりますが、3~6カ月程度の時間の経過とともに白っぽい線状に変化し、硬さがとれてきます。(色素沈着になってしまうと長引きますのでなるべく傷口への刺激や摩擦を避けるようにしてください。)
仕上がり 痩身効果はほぼ3カ月で完成になります。
その後手術部位の違和感や硬さなどは個人差もありますが6~12カ月かけて徐々になじんできます。
リスク・副作用・合併症 ・血腫・水腫・縫合不全・感染
脂肪吸引部でまれに術後の出血や浸出液が続く場合などに起こることがあります。必要な場合は血腫。水腫除去・抗生剤治療・排膿・再縫合など適切に対応します。
・取り残し
脂肪吸引は皮下脂肪を100%吸引することは不可能なため患者様にとってはもう少し取れたのでは...と感じる可能性があります。
・凸凹、シワ、食い込み
浅い脂肪層ばかりを吸引したり、大量に脂肪をすると皮膚の表面が癒着等により凸凹したり凹んだりしやすくなります。しっかりと吸引しながらもなるべく凹凸を起こさないように細心の注意を払い手術します。
・皮膚のたるみ
ボリュームの減少によって術後に肌のハリが減ったり、しわ・たるみが増えたりする場合があります。
・内出血後の色素沈着
内出血は2~3週間で吸収されて消えますが、まれに内出血後に色素沈着が残ることがあります。1年程度かけて徐々に薄くなっていきますが、完全には消えない場合があります。
・傷あとが残る
体質により傷あとが赤く盛り上がったりする場合があります。このような場合にはステロイドの注射などを行う場合があります。ただし副作用もあるので注意が必要です。術後1年以上の期間が経って傷あとが目立つ場合には切開して傷あとを修正することが可能です。
その他

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー