バストの脂肪注入

バストアップしたいけど、シリコンバッグのような人工物を入れるのには抵抗がある。ヒアルロン酸の様にいずれ吸収されてしまうと、何回も注入する必要性が出てくる、胸は大きくしたいけど、部分痩せをしたい場所もある

このようにお考えになる患者様は少なくありません。

この場合、ご自身の脂肪を部分痩せしたい場所から吸引して採取し、バストへ注入する脂肪注入豊胸が最もお勧めです。

また、自分の脂肪を注入するためアレルギー等の心配もなく、触り心地も見た目も最も自然な仕上がりの豊胸術だと言えます。

脂肪注入のメリット

  • 自身の脂肪を使用するため、アレルギーの心配がない
  • 触り心地・見た目ともに自然
  • 注入する脂肪を採取するため、豊胸と同時に部部分痩せも可能
  • 授乳後の委縮したバストや乳腺が薄い方でもナチュラルなバストアップが可能
  • 注入の際の傷口も小さく目立ちにくい
  • 痛みや内出血などのダウンタイムもシリコンバッグに比べ少なく済む
  • 採取できる脂肪の量にもよるが物足りない場合、複数回の注入が可能

脂肪注入のデメリット

  • 注入した脂肪が100%定着するわけではない
  • 大量に注入してしまうとしこりや感染のリスクが上がる
  • 痩せ型の人だと採取できる脂肪が少ないため、充分な注入量が確保できない場合がある

脂肪注入で患者様が最も気になるところは、どれぐらいの割合で定着してくれるのか、という事かと思います。
脂肪注入の一般的な定着率は30%くらいと言われています。

それでは、どのような事を行えば定着する脂肪の割合が増えてくれるのか、幾つかのポイントがあります。

脂肪の定着率を上げるポイント

  • 純度の高い濃縮された脂肪、脂肪幹細胞を豊富に含む脂肪を注入する
  • 注入する脂肪をなるべく空気に触れさせない
  • 素早く新鮮な脂肪を注入する
  • 注入する層や位置を細かく調整する

以上のような点に注意して脂肪注入を行う必要があります。

それぞれのポイントについてご説明1.純度が高く濃縮した脂肪を注入する不純物を除くイメージ図吸引された脂肪には様々な不純物 が含まれています。純粋な脂肪細胞のみでなく、水分や麻酔液、赤血球などの血液成分が存在しています。

これらの不純物を脂肪とともに注入してしまうと注入後の炎症が強くなってしまい、脂肪の定着率を下げてしまいます。

また、注入量に占める純粋な脂肪細胞も少なくなってしまうため、注入量に対する生着率が大きく下がってしまいます。

そのため、余分な不純物を分離し、純度の高い脂肪を注入する事が脂肪の定着率を高め、しこりのリスクを減少させるために重要と言えます。

2.なるべく空気に触れさせず、スムーズに新鮮な脂肪を注入する採取する脂肪が外気に触れてしまうと、雑菌が含まれてしまう要因になり感染症のリスクが上昇します。
万一、感染が軽度であっても脂肪細胞の死滅やしこりのリスクが上昇してしまうため採取した脂肪がなるべく空気に触れないようなシステムが重要です。

また、時間の経過とともに、採取した脂肪の劣化は進んでしまうため注入までの行程をスピーディーに行う事が新鮮な脂肪を注入するために、非常に重要です。

スムーズに新鮮な脂肪を注入

3.注入する層や位置、量を細かく調整するいくら純度が高く、新鮮な脂肪を注入したとしても1か所に集中的に注入してしまっては、移植した脂肪は塊となり中にある脂肪は血流・酸素不足に陥ってしまいます。
このような状態になると、脂肪が壊死し、生着率が下がるだけでなくしこりや石灰化のリスクも上がります。
脂肪を皮下・乳腺下・乳腺内・大胸筋内など様々な層に満遍なく注入する事で移植した脂肪細胞に滞りなく血流が行き渡り生着率の上昇につながります。

脂肪を注入する位置や量

脂肪注入による豊胸

麻酔 笑気麻酔、静脈麻酔
施術時間 1~2時間程度
施術当日ご来院までの注意 疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
抜糸 なし、7~10日(採取部)
シャワー 翌日より可、入浴は脂肪採取部の抜糸後から可
洗顔 当日より可
メイク 当日より可
ダウンタイム 手術後より包帯による圧迫固定を翌日まで(翌日ご自身で外す)
ワイヤーなしのブラジャーは術後2週目から
ワイヤーありのブラジャーは術後1カ月から
内出血は2週間程度で落ち着いてきます。
術後より胸のマッサージを行います
2週間ほどで徐々に張った感じが和らいできます
仕上がり ワイヤーなしのブラジャーは術後2週目から
ワイヤーありのブラジャーは術後1カ月から
1カ月で8割ほどの完成形です
3カ月程で脂肪の定着が完成し、より柔らかくなっています
リスク・副作用・合併症 ・感染、血流障害、アレルギー
・熱感、浮腫み、硬結
・注入部の違和感、異物感、凸凹
・蕁麻疹、かゆみ、痛み
・内出血、血腫、出血
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・理想の形、大きさと異なると感じる
・傷跡が盛り上がる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺
・胸が硬く感じる
・胸にしこりができる
その他

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー