グラマラスライン(下眼瞼下制術、たれ目形成)

切らないたれ目術瞼の裏側からアプローチし、目の中央~目尻にかけて下瞼を下げることで、目も大きくなり優しい印象を与えます。つり目やきつい目元の印象の改善を期待できます。見える範囲に傷はできないため、ダウンタイムがあまりとれない方や切開に抵抗のある方にお勧めです。

デメリットは、切開によるたれ目術に比べ後戻りの可能性がある事、逆さまつ毛の方では大きく下げられないことなどがあります。

切開によるたれ目術瞼の裏側だけでなく、表側の皮膚も切開することによって、切らないたれ目術に比べより大きな変化を出すことが可能で、後戻りもしづらい手術です。

ダウンタイムが確保できたり、しっかりと変化を出したい患者さんにはお勧めの手術です。

切らないたれ目術の方法切らないタレ目下瞼の裏側を切開し、粘膜側をを剥離すると、CPFと呼ばれる腱膜性の組織が存在します。
CPFは眼窩隔膜とともに下眼瞼の眼窩脂肪を包んでいる組織です。

このCPFと瞼板をタッキングすることで、下瞼を下げます。
この際、黒目のやや外側でタッキングすることで、下瞼がより下方へカーブし、目が大きく、優しい印象のタレ目になります。

切開によるたれ目術の方法切開によるタレ目粘膜側からの処置でタレ目にすることは可能ですが、切らないタレ目手術の場合、大きく下げようとすると、下瞼が裏側へ引き込まれるため内反(逆さまつげ)してしまう可能性があります。そのため、皮膚側の切開を併用することで、内反のリスクを下げ、皮膚側でも粘膜側でも下瞼を下げるため、よりしっかりとタレ目効果が出しやすくなります。

切らないたれ目術

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)
施術時間 60分程度
施術当日ご来院までの注意 ・疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
・静脈麻酔使用時は注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。
・前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。
・術前のアイプチ、メザイク等は可能な限り使用をお控えください。
抜糸 なし
シャワー 当日より可
洗顔 当日より可、患部を強くこすらないように
メイク 当日より可
ダウンタイム ・1週間が腫れのピークです。
1カ月で腫れは9割ほど消失します
3カ月で腫れが引き完成です。
・内出血が出た場合、2週間程度で落ち着いてきます。
仕上がり 3カ月で腫れやつっぱり感が収まり、完成となります。
その後、徐々に瞼のカーブもより滑らかになります。
リスク・副作用・合併症 ・感染
・熱感、浮腫み
・目がごろごろする、違和感
・蕁麻疹、かゆみ
・左右差があると感じる
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・瞼の下がり方が物足りない、逆に下がりすぎたと感じる可能性がある
・理想の形と異なると感じる
・逆さまつげやアッカンベーのような状態になったと感じる
・傷跡が気になる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺

切開によるたれ目術

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)
施術時間 90~120分程度
施術当日ご来院までの注意 ・疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
・静脈麻酔使用時は注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。
・前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。
・術前のアイプチ、メザイク等は可能な限り使用をお控えください。
抜糸 7日~10日後
シャワー 当日より可
洗顔 水洗いは翌日より可、洗顔料は抜糸後翌日より可
メイク 抜糸後翌々日より可
ダウンタイム ・1週間が腫れのピークです。
1カ月で腫れは9割ほど消失します
3カ月で腫れが引き完成です。
・内出血が出た場合、2週間程度で落ち着いてきます。
仕上がり 3カ月で腫れやつっぱり感が収まり、完成となります。
その後、徐々に瞼のカーブもより滑らかになります。
リスク・副作用・合併症 ・感染
・熱感、浮腫み
・目がごろごろする、違和感
・蕁麻疹、かゆみ
・左右差があると感じる
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・瞼の下がり方が物足りない、逆に下がりすぎたと感じる可能性がある
・理想の形と異なると感じる
・逆さまつげやアッカンベーのような状態になったと感じる
・傷跡が気になる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー