目頭切開

目頭切開目頭部分にある涙丘を覆う蒙古ヒダを切開・切除することにより、目を大きく見せたり、平行型に近付けたり、大人びた印象を与える事が可能な手術です。Z法やW法、単純法(当院ではお取り扱いはありません)などの様々な方法があり、それぞれ仕上がりやイメージが異なってくるため、お客様のお好みに合わせた最適な術式をご提案します。

Z法蒙古ヒダを切除せずに入れ替える術式のため、傷跡にかかる張力が少なく傷跡が目立ちにくい特徴があります。また、日本人が好む少しシャープさを保った目頭のまま横へ広げて見せることも可能です。また万が一、切りすぎてもある程度戻すことも可能です。

Z法

W法蒙古ヒダを切除し、しっかりと涙丘を出すことが可能です。西洋人のような目元にしたい場合や大きく印象を変化させたいときに有効な方法です。デメリットはZ法に比べやや傷跡が目立つ可能性がある事、元に戻しづらいことです。

W法

傷跡をなるべく目立たせないために目頭切開には様々な種類の方法がありますが、医学的に厳密な事を言うとどの方法においても傷跡は完全には消えません。

なるべく傷跡を目立たないようにするには、丁寧な縫合技術とドッグイヤーを作らないように皮膚の処理や内し靱帯を含む皮下組織の適切な処置が重要です。

後戻りの可能性目頭切開はどの術式においても程度の差はありますが、後戻りが起こる可能性があります。
傷を縫い合わせると、縫われた皮膚はもともとの場所に戻ろうとする張力が働くためです。

どの術式においても、内し靱帯を含む皮下組織の適切な処置は、縫合部にかかる張力を最小限にするために重要であり、傷跡の目立ちにくさ以外にも後戻りの予防ともなります。

結局どの術式がオススメなのかそれぞれの術式に特徴があるため、最終的にはお客様のお好みで選ぶことにはなりますが、

最も選ばれる術式はZ法かと思います。

日本人のお客様で目頭切開を希望される場合、なるべく平行型に近づけたい事と目頭の形は丸みや鈍角の形よりもシュッと尖ったような形を望まれていることがほとんどです。

また、傷跡も目立ちづらい術式であることから、結果的にZ法が選択されることが多いのだと思います。

一方で、涙丘を大きく露出したい場合や、より劇的な変化を望まれるお客様はW法を選ばれる傾向がございます。

目頭切開

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)
施術時間 30~60分程度
施術当日ご来院までの注意 ・疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
・静脈麻酔使用時は注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。
・前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。
・術前のアイプチ、メザイク等は可能な限り使用をお控えください。
抜糸 5~7日
シャワー 当日より可
洗顔 水洗いは翌日より可、洗顔料は抜糸後翌日より可
メイク 抜糸後翌々日より可
ダウンタイム ・1週間が腫れのピークです。
1カ月で腫れはほぼ消失します
・内出血が出た場合、2週間程度で落ち着いてきます。
仕上がり 腫れがおさまった1か月以降は傷の赤味も徐々に薄れてきます。
傷の硬さは6カ月~1年程度で和らいできます。
リスク・副作用・合併症 ・感染
・熱感、浮腫み
・目がごろごろする、違和感
・蕁麻疹、かゆみ
・左右差があると感じる
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・目頭の開きが多きすぎたと感じる
・目頭の開きが足りないと感じる
・理想の形と異なると感じる
・傷跡が気になる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー