レーザートーニング・スポット照射

レーザートーニングとはQスイッチモードのレーザーを低出力で照射する事により、周囲の組織にダメージを最小限にしく肌全体の色調改善(美白効果)や肝斑の改善を行う処置です。

メラニン吸収の特性を持った1064nmの波長のレーザーを照射し、メラニン吸光度が高さによって、効果的にメラニン色素を分解・排出していき、肝斑やシミ、肌全体のくすみ改善し、透明感のある美しい肌へ導く美白・美肌治療です。

短い照射時間と適切なピークパワーによって安全で確実なメラニンの破壊を行うためお肌への負担、ダウンタイムもほとんどない治療ですので多くの方にお受け頂けます。

シミへのレーザースポット照射シミと呼ばれるものには様々な種類がありますが、一般的に多いものは日光性色素斑や脂漏性角化症というシミです。これらのシミはレーザーに対する反応が良いことから、大きなシミやピンポイントにシミを無くしたい・薄くしたい場合は、レーザーのスポット照射が非常に適しています。(盛り上がり大きい場合は炭酸ガスレーザーの方が適しています。)

Qスイッチレーザーによるスポット照射はトーニングに比べ、より高い出力と非常に短い照射時間によって、シミの周囲の正常な皮膚組織には殆ど吸収されず、532nmというメラニン選択性の高い波長により、メラニン色素のみを効果的に破壊するため、効率的なシミの除去が可能となります。

また、治療もすぐに終わりますので痛みも少なく快適に治療を受けることが可能です。

メニュー