バッカルファット除去

バッカルファットとは頬の内側の深い部分に存在する脂肪の塊です。
上はコメカミ近くから下は口横にかけてまで広い範囲に存在しています。

若年のころはバッカルファットは高い位置にありますが、加齢によって段々と下垂してきます。バッカルファットが下がってくると口周りの弛みや下膨れが目立ちブルドッグのような輪郭に見えてしまいます。

また、若い方でも、もともとバッカルファットが多い方では頬が膨らんで見えたり、飴玉をくわえた様に見えてしまいます。

バッカルファットを除去することでタルミの改善や下膨れに見える輪郭の改善が期待できます。
また、若い方でも、頬の膨らみや笑った時の盛り上がりの改善、将来的なタルミ予防の効果もあり、腫れの少ない小顔治療として大変人気のある施術です。

バッカルファット除去

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)
施術時間 60分程度
ご来院までの注意事項 ・疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
・静脈麻酔使用時は注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。
・前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。
抜糸 なし
シャワー 当日より可
洗顔 施術部以外は水洗いは翌日より可
メイク 固定部以外は翌日より可
固定部は抜去後翌日より可
ダウンタイム ・1週間が腫れのピークです。
1カ月で腫れは9割ほど消失します。
3カ月で腫れが引き完成です。
・内出血が出た場合、2週間程度で落ち着いてきます。
仕上がり 3カ月で腫れやつっぱり感が収まり、完成となります。
リスク・副作用・合併症 ・感染
・熱感、浮腫み
・頬の違和感、異物感
・蕁麻疹、かゆみ、痛み
・あまり変化していない、またはコケた様に感じる
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・口周囲の違和感、異物感
・理想の形と異なると感じる
・傷跡が気になる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺
・左右差があるように感じる
・皮膚が弛む

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー