鼻翼挙上、鼻孔縁挙上

鼻柱(鼻先)と小鼻(鼻翼)のバランスの指標としてACRと呼ばれるものがあります。
ACRでバランスの良い形態とは鼻柱の下端が鼻翼の付け根(基部)よりも下方にある事とされています。
逆に、鼻柱下端のほうが鼻翼基部よりも情報にある場合、バランスの良いACRとするためには、鼻柱を下方向へ下げるか(鼻中隔延長)、鼻翼基部を上方へあげるか(鼻翼挙上)のどちらかの方法を行うことになります。
一般的には、鼻先の形態や人中を短く見せるため、鼻中隔延長のほうが需要が多いと思われますが、鼻先を変化させたくない方やナチュラル志向の変化を求められる患者様には鼻翼挙上術が支持される傾向にあります。

小鼻の付け根の皮膚・軟部組織を少しだけ(2mm程度)切除します。

頬側の底面の軟部組織を切除し、切除した断端どうしを縫合することで底面が短縮され鼻翼基部が上がります。

傷を丁寧に縫い合わせて終了です。

アクセス
メニュー