鼻翼縮小術

小鼻縮小とも呼ばれ、横に張り出したり丸みのある小鼻を小さくしスマートに見せる手術です。鼻翼縮小は傷跡のご心配があるかもしれません。
当院では、傷もなるべくわからないように、切開線を小鼻の付け根ギリギリ(鼻翼顔面溝)よりも少しずらすことで、より目立ちにくくしています。

鼻翼基部(鼻翼顔面溝)よりも1mm程度離した位置で切開する事で、縫合時に段差になりづらく目立ちにくい傷跡となります。


小鼻の横への張り出しが減少することで丸みが改善し、シャープな形になります。
また、当院の鼻翼縮小術は外側法と内側法を組み合わせていますので、小鼻の丸みが気になっている、鼻の横幅の大きさに悩んでいる、という患者様にお勧めの手術です。

また、患者様のご希望にもよりますが鼻翼の幅のみを小さくしたいだけのご希望であれば内側法のみ、逆に幅はあまり変えずに小鼻の丸みを解消したい場合は、外側法のみで対応することも可能です。

※鼻翼縮小により鼻全体の横幅が小さくなったり、小鼻の丸みが取れると、相対的に鼻尖部の丸み・大きさが強調され、鼻先の存在感が増す可能性があります。
もともと、団子鼻も気になっている場合ですと、先に或いは同時に団子鼻の治療を行う事をお勧めします。

※小鼻縮小では術後、鼻の穴の大きさが小さくなります。
鼻の横幅、小鼻の張り出しが同じような鼻の場合であっても、図のように鼻の皮膚の壁の厚みが薄い程(言い換えると鼻の穴の大きさが大きい程)、切除できる量が増えるため効果が出しやすいと言えます。

※鼻翼縮小では過度に皮膚を切除すると、図のような、丸みがなくなり三角形のような鼻になってしまうため、適度に行う事も重要です。

アクセス
メニュー