脂肪細胞について

脂肪吸引とダイエットの違いを理解するためには脂肪細胞のメカニズムを知る必要があります。
脂肪細胞は、一般的に思春期前までは細胞の数自体が増えていきます。

しかし、思春期の後からは脂肪細胞自体の数が増えるわけではなく、脂肪細胞の大きさが大きくなる事で太ってしまいます。



つまり、ダイエットをしてもリバウンドが起こってしまうのは、ダイエットによって一時的に脂肪細胞は小さくなるものの、再び元の食生活などで脂肪細胞が大きく戻ってしまうからなのです。

一方、脂肪吸引は脂肪細胞の数自体を減らす手術です。
そのため、脂肪細胞が直接減少する事で脂肪のボリュームが減少し、部分痩せが可能となります。

また、一度除去した脂肪細胞は再生しないと言われていますので、多少太った程度では、残りの脂肪細胞が大きくなったとしても、元の体系にリバウンドする事は殆ど無いのです。

スケジュール
メニュー