涙袋のヒアルロン酸注入

涙袋とは、眼輪筋という目の周りを取り囲む筋肉の中で、下まぶたの睫毛のキワに存在する部分の膨らみのことを指します。
涙袋には目を大きく見せたり、優しい印象を与えたり、若々しい印象を与える効果があります。最近では、女性だけでなく男性にとってもイケメンの条件の一つとさえ言われることもあるようです。

ヒアルロン酸注入前ヒアルロン酸注入後

ヒアルロン酸注入がプチ整形の中でメジャーになってきた当初は鼻や顎、法令線などへの注入が大部分を占めていました。 しかし、いわゆる、"モテ顔"などと称され雑誌やネットで女優さんやアイドルのお顔の特集が増えていく中で、徐々に涙袋へのヒアルロン酸注入の重要度が一般の患者様にも認知されてきた様に思います。 しかし、涙袋へのヒアルロン酸注入は少量でも大きく印象を変えてしまう処置のため、しっかりと適応とバランスを見極められる医師が行わなければ、逆に老けてみてたり、不自然な大きさになってしまう部位でもあるため、ドクター選びはしっかりとしておきたいところです。

涙袋がはっきりとする事で、可愛らしく、微笑んだような印象になります。
また、目を大きく見せる効果もあります。

涙袋を大きくしたいという気持ちが強すぎて、多量のヒアルロン酸を注入しすぎると明らかに不自然な見た目になったり、逆に目が小さく見えてしまいます。
また、繰り返しの注入と時間の経過によって、ヒアルロン酸が下に垂れてくると、目の下の弛みの様に見え、逆に老けて見えてしまいます。

ヒアルロン酸を多く注入しすぎたイメージヒアルロン酸が下に垂れてきたイメージ

涙袋と目袋(目の下の弛み、クマ)の関係性目の下の膨らみ、クマがある方は涙袋を注入する際には、注意が必要です。
目の下の膨らみは下図の様に眼窩脂肪が前方へ飛び出すことが原因です。

涙袋と目袋(目の下の弛み、クマ)

涙袋のヒアルロン酸はまつ毛近くの眼輪筋に注入しますが、眼窩脂肪が飛びだしているとヒアルロン酸を入れても涙袋の膨らみは、はっきりしてくれません(涙袋の輪郭がぼやけてしまう。)

これは、注入量の問題ではなく、涙袋と目袋の高低差が原因のため"涙袋をしっかり出したい!!"といってさらに注入してしまうと目袋と注入したヒアルロン酸が一体化してしまい、さらに不自然になってしまいます。

そのため術前にはまず、涙袋のヒアルロン酸注入が適しているかどうかをしっかり診察する必要があります。

ヒアルロン酸注入

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)
施術時間 10分程度
施術当日ご来院までの注意 疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
抜糸 なし
シャワー 当日より可
洗顔 当日より可
メイク 当日より可
ダウンタイム ほとんどなし
内出血が出た場合、2週間程度で落ち着いてきます。
仕上がり 直後からほぼ完成です。
部位によっては、わずかな凹凸、吸水性による膨張などでなじむまでに1週間程度要する場合もあります。
リスク・副作用・合併症 ・感染、血流障害
・熱感、浮腫み、硬結
・注入部の違和感、異物感
・蕁麻疹、かゆみ、痛み
・内出血
・頭痛、胸痛
・動悸、だるさ、冷汗
・理想の形と異なると感じる
・針跡が気になる
・施術部の感覚鈍麻、麻痺

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー