PRP(多血小板血漿)再生療法

PRP(多血小板血漿)とは、採取した自分自身の血液を遠心分離機にかけて血小板を多く含んだ血漿(けっしょう)を抽出したものです。
本来、血液中に存在する血小板は、線維芽細胞の活性化、コラーゲンの産生、血管の新生、などを促進させる様々な成長因子を含んでおり、この作用を持って、傷ついた部分に血小板が集中し組織を修復していきます。

美容医療の分野では、このPRPを気になる部位へ注入する事により、ご自身が本来持っている治癒力や組織再生力を増強させ、肌のしわやたるみを改善し、若返りを図ります。
また、局所的に気になる部分のみでなく、お顔や首全体の肌表面の若返りを図りたい方には、水光注射による全体注入も行っております。(別途、追加費用必要)

一般的には、ほうれい線やほほのコケなどボリュームを補うことで改善が見込めるものはヒアルロン酸が最適です。
また、笑った時の目尻のシワや眉間・額のシワなど表情筋によるものはボトックスの方が効果的ではあります。

ただ、いずれも自身の組織でない物を体内に注入する事に抵抗のある方は多くいらっしゃいます。
また、お肌の調子を整えたい、化粧ノリを良くしたい、自身の組織自体を活性化させたい、
これらのような考えをお持ちのお客様にはPRP療法は非常に好まれる傾向にあります。

当院のPRP療法においては、副作用の観点から、その他の人工的に活性化を図る成長因子などの添加は行っておらず、ご自身の血液から採取した純粋な血小板のみを使用します。
そのため、アレルギーのリスクも限りなく少なく、異物を注入するという事に抵抗のある方に対しても安心してお受けいただける治療です。

PRPに含まれる成長因子(Growth Factor)FGF(線維芽細胞増殖因子)コラーゲン産生を促す線維芽細胞を強力に刺激し、コラーゲン・エラスチン等の結合組織の増殖を強力に促進する因子。

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)血管内皮細胞を刺激・増強させ、血管新生に関与する因子。

PDGF(血小板由来成長因子)細胞増殖活性を調節し、損傷治癒に関与する因子。

EGF(上皮成長因子)上皮細胞を再生させ、ターンオーバーの活性化に関与する因子。

TGFβ(トランスフォーミング成長因子ベータ)コラーゲン・エラスチン等の結合組織の結合・増殖の促進に関与する因子。

PRP中には上記以外にも様々な成長因子が含まれており、その作用により組織を再生させ、アンチエイジングの効果をもたらします。

適応のある部位・目尻のしわ
・目元の小じわ、くま
・法令線
・口周りのしわ
・額のしわ
※水光注射を用いた場合
・顔全体の美肌治療
・手の甲のしわ
・首のしわ
など

PRP注入

麻酔 麻酔クリーム(オプション)、笑気麻酔(オプション)
施術時間 30~60分程度(PRP精製時間含む)
施術当日ご来院までの注意 疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。
ボディクリームや日焼け止めクリームのご使用はお控えください。
抜糸 なし
シャワー 当日より可能ですが温めすぎないようにして下さい。
入浴 赤みが強い際には入浴は控えてください。
また、施術部位を強くこすらない様に注意ください。
洗顔・メイク 治療後より可能ですが、リキッドタイプの化粧品のご使用はお控えください。
ダウンタイム
経過
個人差はありますが浮腫みや腫れ、赤みが出る事がありますが数時間から1、2日程度で落ち着きます。
内出血が起こった場合、2週間程度で目立たなくなります。
PRPは即効性のある治療ではなく時間をかけて効果を発揮する治療です。
また、血小板由来の成長因子は個人差もあり、2週間から2カ月程度で徐々に成長因子の効果が発現してまいりますので、1、2カ月程度おきの定期的な治療をお勧めいたします。
禁忌
治療をお受けいただけない方
・妊娠中・授乳中の方
・肌に異常がある方
・1ヶ月以内にレーザー治療を受けた方
・糖尿病・ステロイド内服中の方
・その他担当医師が不適切と判断した場合
リスク・副作用・合併症 ・色素沈着、アレルギー
・蕁麻疹、かゆみ、痛み、赤み、乾燥
・一時的なニキビの悪化など
・針穴が気になる
その他

施術一覧から探すTreatment List

アクセス
メニュー