マッサージピール

PRX-T33.png

マッサージピール・コラーゲンピールとは
イタリア製のPRX-T33という特別な薬剤を使い、マッサージを行うように薬剤を塗布するケミカルピーリングです。
トリクロロ酢酸が33%と高濃度にもかかわらず、過酸化水素による肌表面の保護作用により、
従来のケミカルピーリングと異なり、強い赤みや皮剥け(フロスティング)を最小限に抑え、
非常に高い美肌再生(ピーリング)効果を得る事ができます。

シミ、くすみだけでなくニキビ痕・色素沈着を改善したい方や美白を目指している方にお勧めです。
また、マッサージピールは美白と同時にコラーゲンの生成促進をもたらしますので、ハリ・ツヤ、小じわのケアも行えます。
従来のケミカルピーリングとは異なり、表皮剥離が起こらず、ハリの回復、色素沈着補助、ニキビ改善の促進などが期待できるため、
今までにない画期的なピーリングによるアンチエイジング治療といえます。

数回の治療で得られる効果はフラクショナルレーザーに匹敵するとも言われている一方で、
皮膚が剥離する作用(フロスティング)が最小限になるよう配合されています。
また、ダーマペン4との併用により(ヴェルベットスキン)で、更に効果的な治療を行うことが可能です。

マッサージピールに含まれる主要成分

低濃度過酸化水素(H2O2)皮膚の表面を保護します。低濃度の過酸化水素は、トリクロロ酢酸より先に皮膚に浸透するため、
トリクロロ酢酸が浸透するときには、すでに皮膚表面に浸透しているため、皮膚表面でトリクロロ酢酸を中和させトリクロロ酢酸のピーリング作用から皮膚表面を守ります。

高濃度トリクロロ酢酸(TCA)33% トリクロロ酢酸は「trichloroacetic acid」と英語で表記するため略してTCAと呼ばれ、
皮膚のターンオーバーの促進など役割も果たします。
マッサージピール(PRX-T33)には、このトリクロロ酢酸が33%も含まれており、真皮を刺激し、新しいコラーゲン繊維を形成します。
過酸化水素により皮膚表面を守られながら、トリクロロ酢酸が真皮まで浸透し真皮を刺激しながら角化細胞や繊維芽細胞の増殖因子を活性化させます。
これらの作用により施術後、数カ月にわたって真皮で新しいコラーゲンが生成され肌にハリを与え小じわの改善にもなります。

コウジ酸5%コウジ酸にはシミの元となるメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の活性化を抑えてくれる作用があります。
そのため強力な美白作用、糖化(黄ぐすみの原因)抑制効果を発揮しシミやくすみ、肝斑やニキビ痕、色素沈着にも効果があるといわれています。


施術一覧から探すTreatment List

スケジュール
メニュー
PageTop