りんかく(フェイスライン)

小顔である事は、スタイルが良く見えるための重要な要素の一つです。

小顔に導くための方法としては、脂肪、筋肉、皮膚、骨格へのアプローチなど様々あり、ダウンタイムや、効果の持続性なども方法により異なります。

また、加齢によって皮膚が弛んでくると、頬がこけたり、しもぶくれの様に見えお顔が大きく見えてしまいます。
人によってどのアプローチが効果が出やすいのかも異なってきますので、きれいなフェイスラインに仕上げるための最善の方法をカウンセリングではご提案していきます。

顔の下側のボリュームを減少させる
例:ボトックスや脂肪吸引・バッカルファットで顔の下側のボリュームを減少させ、顎へのヒアルロン酸注入等でよりシャープな印象へ

ヒアルロン酸と糸リフトで若返り
例:ヒアルロン酸等で頬へのボリューム補充と糸リフトによる引き上げで、こけた頬がふっくらとしてフェイスラインがシャープになり若返った印象へ

顎が引っ込んでいる、口元が前に出て見える顎が低形成で後退していると、顎が短く見えたりシャープな印象に見えづらくなります。

顔のその他のパーツが美しい場合でも、下顎がしっかり前に出ている状態と出ていない状態では、印象が大きく変わってきます。
下顎をしっかりと前に出すことで、Eラインが整い洗練された印象や美しいフェイスラインに仕上げます。

下顎を前に出す

頬やフェイスラインのボリュームが目立つ頬やフェイスラインのボリュームとしては皮下脂肪、エラの筋肉(咬筋)、バッカルファット、皮膚のたるみなど様々な要因があり、原因が複合的な場合もあります。

個々の症例に適した施術を選択することで、頬もスッキリとしたきれいなフェイスラインを作り出します。
お顔の下半分のボリュームが減ることで、小顔効果とともに、若々しい輪郭となります。

頬やフェイスラインのボリュームを減少させる

二重あご二重あごの原因として最も多いのはフェイスライン~顎下の脂肪によるものです。
その他にも、顎が小さいケースや皮膚のタルミによるものもあります。
脂肪が原因の場合、脂肪吸引によって二重あごの改善が期待できます。
また、脂肪による二重あごの場合でもタルミの様に見える事もありますので、吸引によって若々しい輪郭となります。

二重あご

頬、フェイスラインの弛み皮膚が弛んでくると、顔の輪郭が四角に見え大きく見えたり、逆に頬っぺたはコケてしまってより老化した印象が強くなります。
加齢による皮膚の弛みは誰にでも起こるものですがタルミの予防や進行を遅らせることはアンチエイジングの考え方として非常に重要です。
タルミに対しては現在ではスレッドリフト(切らないリフト、糸リフト)を希望される患者様が多数いらっしゃいます。
また、美意識の高い若年層の患者にも、小顔効果やタルミの予防として、非常に人気のある施術です。
スレッドリフトとともに必要に応じて、頬のコケを埋めたり、顎を出したり、組み合わせる事によって、アンチエイジングの効果も高まりより美しいフェイスラインとなります。

頬、フェイスラインの弛み

スレッドリフト

下膨れや飴玉をくわえたような印象頬の深い層に、バッカルファットと呼ばれる脂肪の塊が存在します。
このバッカルファットは加齢とともに下がってくるため、加齢によるタルミやブルドック様の輪郭の原因となります。
バッカルファットの除去により、小顔効果以外にも頬の弛み予防や、ほうれい線・マリオネットラインの予防にもなるとされています。

バッカルファット

アクセス
メニュー