鼻尖縮小

鼻尖縮小

鼻尖縮小とはどういう手術ですか?

鼻尖縮小は鼻先を細くする手術です。
クローズ法では左右の鼻の穴の中を切開し、鼻翼軟骨上の軟部組織の除去、左右の鼻翼軟骨間の縫合、鼻翼軟骨の一部切除(cephalic trim)を行う手術です。

軟骨移植を同時に行う事で、より鼻先を細くしたり高さを出すことが可能です。

手術時間はどのくらいですか?
鼻尖縮小単独では、約2時間程の手術時間となります。
30分や1時間の鼻尖の手術は、上記の行程を省略されているか、PCLを挿入したり、糸の挿入による手術であるかと思います。
傷口は目立ちますか?
切開創は鼻の穴の中であるため、傷は目立たないと思われます。
プロテーゼなどの異物を入れずに、団子鼻をスッキリさせる事は可能ですか?
耳介軟骨を併用しての鼻尖縮小などでも団子鼻の解消に対応できます。
鼻の穴に傷を作るので目立ちません。
どのぐらい腫れますか?
ギブスの固定が5日間ございます。
固定除去後は、徐々に腫れは引いていきます。
完成の目安は3カ月です。
痛みはありますか?
局所麻酔で十分に対応可能です。
手術中は麻酔が効いておりますので、お痛みはほとんど無く行えます。
術後のお痛みは処方の鎮痛剤でカバーできます。
鼻先が丸い事、鼻の穴が丸い状態をを縦長に改善できますか?
皮下の軟部組織を適量除去し、左右の鼻翼軟骨を縫合し中央に寄せる事で、縦長の鼻孔を形成していきます。
より高さ出す場合は軟骨移植の併用がオススメです。
鼻尖縮小をした場合、横から見ると丸みが増したように感じられるのは何故ですか?
鼻尖縮小術を行うと、正面から見た鼻尖の幅は細くなりますが、鼻翼軟骨を中心に寄せるため、鼻尖が頭側に偏位したり、斜めや横から見ると鼻尖が丸くなった様に感じる可能性がございます。
鼻尖は希望通り細くできますか?
できる限りご希望に添えるようカウンセリングでもイメージの共有を行っていきます。
ただ、鼻先の状況によって、限界はございますので、どの程度効果が出そうか、どのような形になるのかをカウンセリングではお伝えいたします。
他の鼻の手術と複合する事はできますか?
同時にシリコンプロテーゼや鼻翼手術を行うことは可能です。
お客様のバランスを拝見し、最も適した術式をご提案上たします。
アクセス
メニュー